コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多 キタ

デジタル大辞泉の解説

きた【喜多】

能楽師の姓の一。シテ方の家柄。
喜多流」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きた【喜多】

「喜多流」の略。

きた【喜多】

姓氏の一。能楽師の一家喜多は七太夫を祖とし、喜多流をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喜多の関連キーワード愛媛県喜多郡内子町小田深山愛媛県喜多郡内子町大瀬南愛媛県喜多郡内子町大瀬北愛媛県喜多郡内子町大久喜愛媛県喜多郡内子町五百木愛媛県喜多郡内子町上田渡愛媛県喜多郡内子町中田渡愛媛県喜多郡内子町日野川愛媛県喜多郡内子町吉野川愛媛県喜多郡内子町山鳥坂愛媛県喜多郡内子町五十崎愛媛県喜多郡内子町大瀬東喜多 六平太(14代目)愛媛県喜多郡内子町川中愛媛県喜多郡内子町上川愛媛県喜多郡内子町中川愛媛県喜多郡内子町大平愛媛県喜多郡内子町小田愛媛県喜多郡内子町河内愛媛県喜多郡内子町北表

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜多の関連情報