コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多流 きたりゅう

7件 の用語解説(喜多流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多流
きたりゅう

能楽のシテ方の流儀。流祖は喜多七太夫長能。徳川秀忠の庇護のもとに,元和5 (1619) 年頃一流の創設を認められて,従来の四座の太夫並みの扱いを受けた。寛永4 (27) 年頃から北七太夫と名のり,流派は喜多流または七太夫流といわれたが,四座と区別して,四座一流と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

喜多流

徳川時代に将軍家によって、いわゆる大和四座(観世、宝生、金春、金剛)以外に設立を許された流派。現宗家は16世。宗家に伝わる能面は、初代以来使われているものもあるという。

(2006-06-02 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きた‐りゅう〔‐リウ〕【喜多流】

能のシテ方の流派の一。喜多七大夫が興したもので、江戸初期、元和5年(1619)ごろに幕府から認められた新興の流派。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喜多流【きたりゅう】

能のシテ方五流のうち最も新しい流儀。流祖は北七大夫〔1586-1653〕。素人(しろうと)出身の名人で,豊臣秀吉の寵(ちょう)を受け,のち徳川秀忠により一流設立を認められた。
→関連項目綾鼓桜間伴馬下掛り大和猿楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きたりゅう【喜多流】

能のシテ方の流派名。江戸初期に一流樹立を許された新興流派。流祖の北七大夫長能(ながよし)(1586‐1653)は,堺の眼医者の子で,幼少のころから能に巧みであった。7歳で器用に能を舞ったことから〈七ツ大夫〉と呼ばれた天才。豊臣氏の後援で金剛座に加えられ,10歳の1595年(文禄4)には金剛方七ツ大夫として記録に見え,十代で金剛大夫弥一の養子となったらしく,元服後,金剛三郎を名のり,金剛大夫として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたりゅう【喜多流】

能楽シテ方五流の一。1619年頃、喜多七太夫長能ながよしが始める。七太夫流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多流
きたりゅう

能の一流派。シテ方五流の一つ。江戸初期の1619年(元和5)ごろに幕府によって認められた新興の流儀なので、座としての専属のワキ方、囃子(はやし)方をもたず、南北朝以来の四座(観世、金春(こんぱる)、宝生(ほうしょう)、金剛)と区別して四座一流(よざいちりゅう)とよばれた。流祖は金剛の大夫(たゆう)も継いだことのある喜多七大夫(しちたゆう)。徳川秀忠(ひでただ)、家光(いえみつ)の七大夫びいきに倣って、各藩も多く喜多流を用い、幕末には29藩に及ぶほどであった。3世喜多宗能(むねよし)は能に耽溺(たんでき)した将軍綱吉(つなよし)の指南役であった。9世喜多古能(このう)は『寿福抄』ほか著書も多い。12世喜多能静(のうせい)は徳川家茂(いえもち)の後援でその勢力を誇り、井伊直弼(いいなおすけ)、山内容堂(ようどう)、藤堂(とうどう)高潔ら大藩の当主が喜多流を学んだが、明治維新後は逼塞(ひっそく)した。能静の養子勝吉が離縁のあと、能静の外孫喜多六平太(ろっぺいた)が1881年(明治14)7歳で14世を継ぎ、不抜の努力と比類ない名技によって流儀を再興した。
 15世宗家喜多実(みのる)は六平太の養子で、その子に喜多長世(ながよ)、節世(さだよ)、その兄に人間国宝の後藤得三(とくぞう)がいる。古くから喜多流の地盤であった熊本出身の友枝(ともえだ)家、広島出身の粟谷(あわや)家など人材が多い。東京・目黒の喜多六平太記念能楽堂を拠点とし、機関誌『喜多』をもつ。後進の養成に積極的で優秀な若手が多く、学生層への普及運動や、土岐善麿(ときぜんまろ)と喜多実のコンビによる新作能活動の実績、1954年(昭和29)の初の渡欧能など、進取の気に富む流儀。いまも武家式楽風のおもかげが色濃く、気迫を重んじ、直線的な芸風である。16世宗家は喜多長世が継承。六平太を襲名。[増田正造]
『表章著『喜多流の成立と展開』(1994・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の喜多流の言及

【能】より

…江戸時代になると,大和猿楽の4座は江戸幕府の直接支配下に入り,その典礼の能を勤めることが第一の任務となった。なお,このころ喜多(きた)七大夫が一流(喜多流)の創立を許され,併せて〈四座一流〉と称された。また座の制度のほかに,シテ方ワキ方など専門別の役籍が定められ,各役籍に数個の流派が確立した。…

【大和猿楽】より

…秀吉は宇治猿楽や丹波猿楽の役者を大和猿楽四座にツレ囃子方として所属させたため,それらの諸座は解体の運命をたどり,結果的に大和猿楽のみが命脈を保つこととなったが,江戸幕府も秀吉の政策を継承し,四座の役者に知行・扶持・配当米を与えて保護した。この四座に江戸初期に一流樹立が認められた喜多流を加えた四座一流が幕府保護の猿楽で,それが今日の五流(観世流宝生流金春流金剛流,喜多流)のもととなった。【天野 文雄】。…

※「喜多流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

喜多流の関連キーワード観世流金剛流賀茂流甲州流五流三斎流一流れ微塵流宗旦流宗和流

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜多流の関連情報