コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜志喜太夫 きし きだゆう

1件 の用語解説(喜志喜太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜志喜太夫 きし-きだゆう

?-? 江戸時代前期の能役者。
紀伊(きい)の神事能師の子。初代和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)につかえ,観世身愛(ただちか)にまなぶ。15歳で頼宣創案の「石橋(しゃっきょう)」の獅子舞(ししまい)を伝授されるが,頼宣没後とおざけられる。元禄(げんろく)7年(1694)大坂の勧進能で,3代藩主綱教(つなのり)や観世宗家をあざむいて「石橋」を上演し,蟄居(ちっきょ)を命じられた。姓は貴志ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜志喜太夫の関連キーワード大橋円清幸宗能金春元信宍戸善兵衛島谷吉兵衛下川丹斎竹田広貞中村噌庵福王盛厚森田庄兵衛(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone