能役者(読み)のうやくしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能楽師の古称。能楽に出演するのを職業とする人。シテ方ワキ方狂言方の立方と,笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の囃子方と,7つに分れる。シテ方が中心で,これに対しワキ方,囃子方,狂言方を三役という。シテ方は能のシテ,シテヅレ,子方,地謡を受持ち観世宝生 (上掛り) ,金春,金剛,喜多 (下掛り) の5流。ワキ方はワキ,ワキヅレを受持ち,福王,高安,宝生の3流。狂言方は間狂言狂言を受持ち,大蔵和泉の2流。笛方は一噌,森田の2流。小鼓方は観世,幸,幸清,大倉の4流。大鼓方は葛野,高安,石井,大倉,観世の5流。太鼓方は観世,金春の2流がある。家元制度のもとにあり,統合団体として能楽協会がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

能楽を演ずる役者。シテ方・ワキ方のほか、囃子方はやしかた・狂言方も含む。能楽師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 能楽を演じる役者。シテ方・ワキ方をさしていうが、ふつう狂言方・囃子方も含めていう。能楽師。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)三「お能(ノウ)役者は裏門口、表御門はお客人御饗応(もてなし)の役人衆」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の能役者の言及

【役者】より

…演劇用語としては中世からみられる。猿楽の能が大成してから〈能役者〉の名称が生じた。猿楽法師の長や主だったもの,すなわち能の大夫が,寺院の諸職の役目を務めたことに始まるのであろう。…

※「能役者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能役者の関連情報