コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜遊 きゆう

1件 の用語解説(喜遊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜遊 きゆう

1846-1862/63 幕末の遊女。
弘化(こうか)3年生まれ。嘉永(かえい)6年江戸吉原の遊女となり,のち横浜の遊廓岩亀楼にひきぬかれる。外国人某の身請け話をこばみ,「露をだにいとふ倭(やまと)の女郎花(をみなへし)ふるあめりかに袖はぬらさじ」という辞世をのこして自殺したという。攘夷論者による創作という説もある。文久2/3年死去。17/18歳。本名はちゑ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜遊の関連キーワード村上華雲遊女桜木通言総籬遊女評判記柿暖簾鉄砲見世交じり見世大夫職昼三お里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜遊の関連情報