コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜遊 きゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜遊 きゆう

1846-1862/63 幕末の遊女。
弘化(こうか)3年生まれ。嘉永(かえい)6年江戸吉原の遊女となり,のち横浜の遊廓岩亀楼にひきぬかれる。外国人某の身請け話をこばみ,「露をだにいとふ倭(やまと)の女郎花(をみなへし)ふるあめりかに袖はぬらさじ」という辞世をのこして自殺したという。攘夷論者による創作という説もある。文久2/3年死去。17/18歳。本名はちゑ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜遊の関連キーワード三遊亭 円遊(2代目)富士松 魯遊(5代目)三遊亭円遊(4代)三遊亭円遊岩亀楼喜遊泉 天嶺千載佳句弘化