(読み)よろこぼし

精選版 日本国語大辞典「喜」の解説

よろこぼし【喜】

〘形シク〙 (動詞「よろこぶ(喜)」の形容詞化で「よろこばし」の古形) =よろこばしい(喜)
※続日本紀‐神護景雲三年(769)一一月二八日・宣命「伊予国より白き(しるし)鹿を献奉(たてまつ)りてあれば、うれし与呂許保志止奈毛(ヨロコボシとなも)見る」
※新拾遺(1364)雑下・一八八二「人を渡さん 構へをも たくみ出でけん ひだたくみ よろこほしくは おもへども〈花山院〉」

よろこぼ・う よろこぼふ【喜】

〘自ハ四〙 (動詞「よろこぶ(喜)」に、反復・継続を表わす接尾語「ふ」の付いて音の変化したもの) しきりによろこぶ。
※伊勢物語(10C前)一四「栗原のあれはの松の人ならば都のつとにいざといはましを、といへりければ、よろこぼひて、思ひけらしとぞいひ居りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喜」の解説

き【喜】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]よろこぶ
学習漢字]5年
よろこぶ。よろこび。「喜悦喜色喜怒哀楽歓喜狂喜驚喜欣喜(きんき)随喜悲喜一喜一憂
よろこばしい。めでたい。「喜雨・喜事」
(草書体「」の分析から)七十七歳。「喜寿
[名のり]たのし・のぶ・はる・ひさ・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android