嘖ふ(読み)コロウ

デジタル大辞泉の解説

ころ・う〔ころふ〕【×嘖ふ】

[動ハ四]《しかる意の「嘖(こ)る」に反復継続の助動詞「ふ」の付いた「こらふ」の音変化か》声をあげてしかる。
「誰そこの我がやど来呼ぶたらちねの母に―・はえ物思ふ我を」〈・二五二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころう【嘖ふ】

( 動四 )
しかる。責める。 「をさをさも寝なへ児故に母に-・はえ/万葉集 3529

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android