コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道臣命 みちのおみのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道臣命 みちのおみのみこと

日本書紀」にみえる人物。
大伴氏の祖。はじめ日臣命(ひのおみのみこと)という。大来目部(おおくめべ)をひきいて神武天皇の大和平定の軍にしたがい,八咫烏(やたがらす)を目印に熊野山中を先導。この功で道臣の名をあたえられる。兄猾(えうかし),八十梟帥(やそたける)を討ち,天皇が天神地祇をまつったときには厳媛(いつひめ)の名で斎主をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道臣命
みちのおみのみこと

大伴(おおとも)氏の祖。日臣命(ひのおみのみこと)。神武(じんむ)天皇の大和(やまと)入りに際し、八咫烏(やたがらす)の後を追って熊野(くまの)山中を先導し、天皇よりこの名を賜う。大和平定の戦いにも功あり、天皇即位後、築坂邑(つきさかのむら)(橿原(かしはら)市鳥屋(とりや)町)に宅地(いえどころ)を賜ったとされる伝説的人物。『日本書紀』によれば、大久米部(おおくめべ)を率い「よく諷歌倒語(そえうたさかしまごと)をもって妖気(ようき)を掃(はら)い平らげた」とあり、また道臣命を厳媛(いつひめ)とし、斎主(いわいぬし)として高皇産霊神(たかみむすびのかみ)を祀(まつ)ったとある。前者は道臣命が呪力(じゅりょく)ある言語を管掌(かんしょう)したことを意味し、後者は践祚大嘗祭(せんそおおにえのまつり)にも重要な役割を演じたことを推定させるもので、大伴氏を考えるうえで興味深い。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

道臣命の関連キーワード斎(いわい)大久米命大伴室屋久米歌大伴氏吉井大伴忍坂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android