四分儀座(読み)シブンギザ

デジタル大辞泉の解説

しぶんぎ‐ざ【四分儀座】

現存しない星座の一つ。18世紀にフランスの天文学者J=ラランドが設定。1928年に国際天文連盟(現国際天文学連合)が全天88星座を決定した際に廃止され、現在は竜座牛飼座の一部になり、両星座の境界付近を輻射点とする四分儀座流星群にその名を残す。壁面四分儀座

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android