コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際天文学連合 こくさいてんもんがくれんごう International Astronomical Union; IAU

5件 の用語解説(国際天文学連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際天文学連合
こくさいてんもんがくれんごう
International Astronomical Union; IAU

国際学術連合会議 (現国際科学会議) の下部組織の1つで,天文学の研究および各国の天文学者間の国際協調を促進するために,1919年ベルギーブリュッセルで結成された連合。本部のほかに天文学の各分野についての専門委員会がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際天文学連合

世界約9千人の天文学者と約60カ国の学術団体が加盟する国際組織第1次世界大戦後の1919年、英米仏が呼びかけてつくられた。本部はパリ。新発見された星の登録、命名などを担っている。3年ごとに総会を開く。

(2006-08-29 朝日新聞 夕刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐てんもんがくれんごう〔‐テンモンガクレンガフ〕【国際天文学連合】

各国の天文学者間の情報交換や共同研究などを目的とした組織。本部はパリ。1919年に設立。複数の分科会・委員会を持ち、それぞれ銀河恒星惑星などに関する細分化されたテーマについて話し合われる。3年に一度、総会が開かれる。2006年には惑星の定義が採択され、冥王星を惑星の枠から外して新たに設けた「準惑星」に分類した。IAU(International Astronomical Union)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際天文学連合【こくさいてんもんがくれんごう】

IAU(International Astronomical Unionの略)とも。天文学者の国際的協力関係を促進するとともに,天文学の進歩をはかることを目的として,1919年に創立された天文学の国際学術組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際天文学連合
こくさいてんもんがくれんごう
International Astronomical Union

世界各国の天文学者間の情報連絡がスムーズに行われ、また国際的な協力による研究を進めることを目的とする組織。略称IAU。本部はパリにおかれている。第一次世界大戦後の1919年7月、ベルギーのブリュッセルで開かれた会議において設立された。設立時には19か国100人余りであったが、天文学の発展とともに急速な増大を示し、2014年時点では約100か国約1万人のメンバーを有する。そして天文学の分野ごとに委員会が設けられ、その数も約50になった。総会は3年に1回開かれ、そこでは会長の選出など事務的なものも行われるが、大部分は多様な研究成果の報告が占める。総会以外には各委員会主催のシンポジウムがあり、天文学上の重要な定数の決定や天体の命名なども行う。さらに天文学の普及のための活動や若手研究者への研究費の補助など、多様な活動を展開している。[磯部三・宮内良子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際天文学連合の言及

【国際学術連合会議】より

…ICSUに加盟している学会連合には次のようなものがある。国際天文学連合(略称IAU,1919創立。以下同様),国際地理学連合(IGU,1923),国際数学連合(IMU,1952),国際生化学連合(IUB,1955),国際生物学連合(IUBS,1919),国際結晶学連合(IUC,1947),国際測地学・地球物理学連合(IUGG,1919),国際地質学連合(IUGS,1961),国際免疫学連合(IUIS,1969),国際栄養学連合(IUNS,1946),国際薬理学連合(IUPHAR,1959),国際生理学連合(IUPS,1953),国際理論・応用生物物理学連合(IUPAB,1961),国際純正・応用化学連合(IUPAC,1919),国際理論・応用物理学連合(IUPAP,1922),国際電波学連合(URSI,1919),国際科学史・科学哲学連合(IUHPS,1954),国際理論・応用力学連合(IUTAM,1947)。…

【時刻】より

…東京の正午砲が廃止されたのは20年といわれる。 1919年には国際学術連合会議(ICSU)と,その一員としての国際天文学連合(IAU)が誕生,このIAUの一部に現在の国際報時局(BIH)が開局した。各国天文台で独立に観測された世界時は無線報時を介して国際的に相互比較され,これらのデータが国際報時局へ集計され統一計算された。…

【天体命名法】より

…すい星,小惑星,衛星,変光星,新星でそれぞれの命名法が決まっている。
[すい星]
 新すい星は発見の通知が国際天文学連合(略称IAU)天文電報中央局に到着した順にその年号の後にa,b,c,……と続けて仮符号とし,発見者の名を3名まで連記して固有名とする。軌道が確定したのち,すい星を近日点通過の順にならべかえ,近日点通過の年号の後にI,II,III,……と続けて確定番号とする。…

※「国際天文学連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際天文学連合の関連キーワードエアリー藪内清レインズJIOA情報交換用符号地域共同研究センター共同研究(民間との共同研究)共同研究センター国際共同研究事業ISO 情報交換用符号

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際天文学連合の関連情報