四分儀座流星群(読み)シブンギザリュウセイグン

デジタル大辞泉の解説

しぶんぎざ‐りゅうせいぐん〔‐リウセイグン〕【四分儀座流星群】

竜座牛飼座の境界付近を輻射点とする流星群。名称は1928年に星座名として廃止された四分儀座壁面四分儀座)に輻射点があったことに由来する。1月1日頃から1月5日頃にかけて見られ、1月4日頃に出現のピーク(極大)となる。母天体はマックホルツ彗星、ヘールボップ彗星公転周期が短い小惑星などが候補に挙がっているが、確定されていない。ペルセウス座流星群双子座流星群とともに、毎年多くの流星が安定して出現する三大流星群の一つとして知られる。竜座ι(イオタ)流星群。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android