四天王寺流(読み)してんのうじりゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

してんのうじ‐りゅう シテンワウリウ【四天王寺流】

〘名〙 江戸時代に、平内家などが称した、工匠の流派の一つ。建仁寺流に対するものとし、四天王寺に伝わったものとされるが、実際にはとくに他と異なるところはない。
※匠明(1608‐10)門記集「四天王寺流大棟梁之章」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四天王寺流の言及

【平内政信】より

…後者は和歌浦天満宮(1606)と呼ばれて現存し,このほか台徳院霊廟(1632)もあったが第2次大戦で焼失した。同じ大棟梁を務めた甲良(こうら)家の木割を建仁寺流と呼ぶのに対し,平内家の木割は四天王寺流と呼ぶ。大工【西 和夫】。…

※「四天王寺流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android