コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方田犬彦 よもた いぬひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方田犬彦 よもた-いぬひこ

1953- 昭和後期-平成時代の比較文化学者,映像評論家。
昭和28年2月20日生まれ。映画を中心に,文学,漫画などの現代文化を幅ひろく批評して注目される。平成5年「月島物語」で第1回斎藤緑雨賞。8年明治学院大教授。10年「映画史への招待」でサントリー学芸賞。20年「日本のマラーノ文学」「翻訳と雑神」で桑原武夫学芸賞。26年「ルイス・ブニュエル」で芸術選奨文部科学大臣賞。兵庫県出身。東大卒。本名は剛己。著作はほかに「貴種と転生」「叙事詩権能」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

四方田犬彦の関連キーワードボールズ(Paul Frederic Bowles)吉田喜重(よしだよししげ)エルサレム(パレスチナ)ソウルの風景/記憶と変貌東南アジアの映画オリエンタリズムチャン・イーモウモロッコ流謫嘉手苅 林昌シンボルスカ上野千鶴子戸浦 六宏桃山 晴衣朝鮮映画中沢新一中国映画サイード溝口健二大島渚原節子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四方田犬彦の関連情報