コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方田犬彦 よもた いぬひこ

1件 の用語解説(四方田犬彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方田犬彦 よもた-いぬひこ

1953- 昭和後期-平成時代の比較文化学者,映像評論家。
昭和28年2月20日生まれ。映画を中心に,文学,漫画などの現代文化を幅ひろく批評して注目される。平成5年「月島物語」で第1回斎藤緑雨賞。8年明治学院大教授。10年「映画史への招待」でサントリー学芸賞。20年「日本のマラーノ文学」「翻訳と雑神」で桑原武夫学芸賞。26年「ルイスブニュエル」で芸術選奨文部科学大臣賞。兵庫県出身。東大卒。本名は剛己。著作はほかに「貴種と転生」「叙事詩の権能」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

四方田犬彦の関連キーワード青木保(2)伊東俊太郎大久保喬樹川端香男里島田謹二芳賀徹別宮貞徳本間長世宮川透川本皓嗣

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四方田犬彦の関連情報