貴種(読み)キシュ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しゅ【貴種】

〘名〙 貴い家柄の生まれ。高貴な血筋。
※菅家文草(900頃)一〇・辞右大臣職第一表「臣地非貴種、家是儒林」
※神皇正統記(1339‐43)中「皇胤の貴種より出ぬる人」 〔史記‐外戚世家・尹夫人〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の貴種の言及

【貴族】より

…第2は公卿の成立で,平安中葉までに参議を含む公卿の範囲が定まり,宮廷貴族の中核となった。しかも平安中・末期に入ると,公卿が特定の氏族・家系に固定する傾向を急速に強め,〈貴種〉とか〈華族〉などの用語も生まれた。第3は昇殿制の成立である。…

※「貴種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

萌え断

サンドイッチや巻き寿司、ケーキなどの食べ物を切った際の、カラフルで美しい断面を楽しむこと。2016年ころからSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でこれらの断面の写真に「#萌え断」のハッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴種の関連情報