四種念仏(読み)シシュネンブツ

デジタル大辞泉の解説

ししゅ‐ねんぶつ【四種念仏】

念仏を4種に分類したもの。口称(くしょう)念仏(仏の名を口に唱えること)・観像念仏(仏の形相相好を心に思い浮かべて念じること)・観相念仏(西方浄土のさまを心に思いつつ念じること)・実相念仏(仏の法身を観じて念じること)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅねんぶつ【四種念仏】

〘仏〙 称名念仏(仏の名を口に唱えること)・実相念仏(実相としての仏の法身を観じて念じること)・観想念仏(仏の微妙相好を観想すること)・観像念仏(仏の形相を心に念じること)の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ししゅ‐ねんぶつ【四種念仏】

〘名〙 仏語。念仏の四種類。称名念仏阿彌陀仏の名号を口に唱えること)・実相念仏(阿彌陀仏の法身を観じて念ずること)・観相念仏(西方浄土に対して思いをはせること)・観像念仏(阿彌陀仏の形相、相好を心に浮かべ念ずること)の総称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android