コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称名念仏 しょうみょうねんぶつ

百科事典マイペディアの解説

称名念仏【しょうみょうねんぶつ】

称名は仏菩薩,特に阿弥陀仏の名を称えること。〈南無阿弥陀仏〉を称えて極楽浄土を願うのが称名念仏で,口称(くしょう)念仏ともいう。発生期浄土教では,称名念仏を死霊鎮送の呪術的機能としてとらえていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の称名念仏の言及

【浄土宗】より

…法然によって開かれた仏教の一宗派。《無量寿経》《観無量寿経》《阿弥陀経》の三経(浄土三部経)とインドの世親の著した《浄土論》を正依の経論とし,称名(しようみよう)念仏(南無阿弥陀仏と口に称える)によって,阿弥陀仏の極楽浄土へ往生することを期す。唐の善導を高祖,法然を宗祖とする。…

【念仏】より

…仏・菩薩の相好や功徳を心におもい浮かべたり,またその名号を口に唱えること。前者を観想念仏といい,後者を称名(しようみよう)念仏という。念仏には釈迦,薬師,弥勒,観音などの念仏もあるが,阿弥陀仏の念仏が代表的で,ふつう念仏といえば,阿弥陀仏の相好やその誓願のことを憶念したり,〈南無阿弥陀仏〉の6文字の名号を口に唱えることをいう。…

※「称名念仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

称名念仏の関連キーワード選択本願念仏集私聚百因縁集称名・唱名決定往生集数珠・珠数即心念仏四種念仏往生拾因阿弥陀経浄土真宗極楽浄土別時念仏阿弥陀浄土宗正定業天台宗真言宗称名滝道綽源空

称名念仏の関連情報