コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法身 ほっしんdharmakāya

7件 の用語解説(法身の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法身
ほっしん
dharmakāya

法仏,法身仏,自性身,法性身,実仏などともいう。仏陀の究極の本体。仏陀の姿を3種に分類したうちの一つ (→三身 ) 。仏陀は真理そのものであるとして,真理を仏陀の身体であるとする考え。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しん〔ホフ‐〕【法身】

ほっしん(法身)

ほっ‐しん【法身】

《〈梵〉dharma-kāyaの訳》仏語。仏の三身の一。永遠不滅の真理そのもの。理法としての仏。法性身(ほっしょうしん)。
法体となった身。僧侶の身。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法身【ほっしん】

仏教で仏の本体の現れ方を説く三身(さんじん)の一つ。報身(ほうじん)・応身(おうじん)に対する。永遠不滅の真理で,仏の本身とされる。→仏身
→関連項目大日如来

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしん【法身】

ほっしん【法身】

〔「ほうしん」とも〕
永遠の真理そのものとしての仏。法身仏。 ↔ 色身三身
法体となった身。僧侶の身。法界身。法性身。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法身
ほっしん

仏教用語。サンスクリット語ダルマ・カーヤdharma-kyaの訳。小乗仏教の有部(うぶ)では、仏の成就(じょうじゅ)した十力(じゅうりき)、四無所畏(しむしょい)などの功徳法(くどくほう)や、仏の説示した正法(しょうぼう)は無漏(むろ)であるとし、これを法身と称し、有漏(うろ)なる生身(しょうしん)の仏身と区別した。すなわち、仏をして仏たらしめている根拠としての目に見えない理仏(りぶつ)をいうのである。それは大乗仏教においては、仏の自性たる真如(しんにょ)、法性(ほっしょう)の同義異語となる。[伊藤瑞叡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法身の言及

【仏教】より

…しかしその場合でも,法(真理)の絶対性は失われず,仏は真理の体現者(如来,すなわち如=真理に来至し,また如より来至する者)とされている。仏の本質は法そのもので(法身),諸仏はその具体的顕現である(色身)。一方,修行の目標としての悟りを,絶対者たる法との合一に求めるのは,バラモン正統派のベーダーンタ学派が主張する〈梵我一如〉とも共通する神秘主義であるが,ことにこれは後期に発達した密教において著しい。…

【仏身論】より

仏陀という存在の本質は何か,それはまた現象としてどのように展開してくるかを論ずる,仏陀に関する存在論。仏教の開祖釈迦の死後,歴史的人物としての釈迦=仏陀は決して無に帰したのではなく,宇宙の真理,あるいは精神の原理としての法(ダルマdharma)に帰入したのだという信仰から,仏陀の本質は〈法身〉であるという考えが,すでに部派仏教の時期にいくつかの部派の中でおこった。大乗仏教になって仏身に関する思索が深まり,中観派の竜樹,さらには瑜伽行派の弥勒(マイトレーヤ),無著世親らの論師たちによって最終的に3種の仏身をたてる〈三身説〉が成立した。…

【仏陀】より

…仏教では仏陀として過去七仏,未来仏としての弥勒仏,過去・現在・未来の三千仏などが考えられるようになった。また三身の説,すなわち真理そのものとしての法身(ほつしん)仏(たとえば毘盧遮那(びるしやな)仏),願を立てて浄土の主となり衆生の救済をはかる報身(ほうじん)仏(たとえば阿弥陀),娑婆世界に人間の姿をとって現れる応身(おうじん)仏(たとえば釈迦牟尼仏)の説が出現した。仏(ぶつ)仏教【定方 晟】。…

※「法身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法身の関連情報