コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相好 ソウゴウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ごう〔サウガウ〕【相好】

仏の身体に備わっている特徴。32の相と80種の好の総称。
顔かたち。顔つき。表情。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうごう【相好】

〘仏〙 仏の身体にそなわっているすぐれた特徴。三十二相とさらに細かい美点である八十種好をいう。
顔かたち。表情。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

相好の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷目尻を下げる四種念仏三十二相笑み曲ぐ円満総称形相崩す念仏具相観仏荘厳十念

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相好の関連情報