コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四端説 したんせつSi-duan-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四端説
したんせつ
Si-duan-shuo

中国,戦国時代思想家孟子が唱えた人間の道徳性に関する説。人間は,生れながらに惻隠 (そくいん。あわれみ) ,羞悪 (しゅうお。はじらい) ,辞譲 (じじょう。ゆずりあい) ,是非 (ぜひ。善悪の判断) の4つを心中にもっており,これが仁,義,礼,智という徳になるという。「端」を本源の意 (朱子説) とするか,端緒の意 (伊藤仁斎説) とするか,学者の議論が分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

四端説の関連キーワード四端

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android