コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳性 ドウトクセイ

2件 の用語解説(道徳性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうとく‐せい〔ダウトク‐〕【道徳性】

道徳の本性。また、人格・判断・行為などが道徳的であること。「企業の道徳性が問われる」
《〈ドイツ〉Moralitätカント倫理学の用語。行為が、単に外面的に道徳法則に一致しているという適法性と区別して、道徳法則に対する尊敬を動機としていること。ヘーゲルでは、人倫と区別して主観的意志の法をさす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうとくせい【道徳性】

道徳法則にかなっていること。カントは外的行為が義務にかなっているにすぎない適法性と区別して、意志そのものまで道徳法則に規定されている場合にこれを認めた。ヘーゲルは客観的・普遍的な人倫と区別して、主観的意志の法を道徳性と呼んだ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道徳性の関連情報