コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回茶 かいちゃ

1件 の用語解説(回茶の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かいちゃ【回茶】

闘茶の別称。一を聞いて十を知ったという顔回の故事にちなむともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の回茶の言及

【闘茶】より

…中国宋から渡来し,鎌倉末期から室町中期にわたって爆発的な人気をよんだ茶会の形式の一つ。回茶とも貢茶とも別称されることがある。本茶〈栂尾(とがのお)茶〉と非茶〈それ以外の産地の茶〉とを飲み分け,点数をつけながら賭物(かけもの)を取り合う一種の博奕(ばくち)であるため,茶勝負とか茶湯勝負ともいわれた。…

※「回茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回茶の関連情報