コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因斯羅我 いんしらが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因斯羅我 いんしらが

日本書紀」にみえる渡来人
画部(えかきべ)として記録される最初の人。雄略天皇7年,陶部(すえつくりべ),鞍部(くらつくりべ)などとともに百済(くだら)(朝鮮)から渡来。吾礪広津邑(あとのひろきつのむら)(大阪府八尾市か)におかれたが風土になじめず,ほかの工人とともに現在の奈良県明日香村付近にうつされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

因斯羅我

生年:生没年不詳
5世紀ごろの画工画部(令制の中務省所属の画工集団。朝廷,寺院の絵画,彩色に従事した)として知られる最初の人。雄略天皇7(463)年に百済から招かれた工人のひとりで,陶部高貴,鞍部堅貴,錦部定安那錦,訳語卯安那等と上桃原,下桃原,真神原(いずれも奈良県明日香村付近か)に居住した。

(長谷川稔子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android