コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍部 アンブ

デジタル大辞泉の解説

あん‐ぶ【×鞍部】

山の尾根のくぼんだ所。コル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鞍部【あんぶ】

山の尾根の一部で,低くくぼんで馬の(くら)状になっている所。尾根が両側の谷の頭部に浸食されたために生じたもので,場所によっては道になっている所もある。
→関連項目きれっと

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんぶ【鞍部】

山の尾根のくぼんでいる所。コル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞍部
あんぶ

(くら)のように低くなった山の尾根をいう。水食作用、氷食作用、断層変位などで形成される。フランス語ではコルcol、ドイツ語ではヨッホJochとよばれる。褶曲(しゅうきょく)の背斜の名称として用いられることがある。鞍部は山地を横切る峠道として利用され、高山地帯では登山、観光などの用地として利用される場合もある。[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鞍部の言及

【海底地形】より

…斜体の英名は文献中よく使われる同義語。鞍部saddle海嶺の中または近接する海山の間にあり,鞍状をなす低い部分。 エプロン斜面apronarchipelagic apron―とくに島嶼や海山の群れのまわりにみられる緩い斜面で,ふつう滑らかな海底面を有する。…

【登山】より

… アンザイレンAnseilen[ドイツ]ザイルで身体を結びあい,相互確保して墜落に備えること。 鞍部(あんぶ)コルcol(フランス語)ともいう。大きな山と山との中間の稜線上の低い所。…

※「鞍部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鞍部の関連キーワード六十里越(福島・新潟)六十里越(山形)新漢陶部高貴拓洋第3海山頭蓋咽頭腫法華院温泉小笠原海台猿ヶ馬場峠見ノ越峠日ノ尾峠司馬達等伯母子峠針ノ木峠鞍作徳積乗っ越し夜叉神峠北沢峠乙女峠関山峠金精峠

鞍部の関連情報