鞍部(読み)あんぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)「鞍部」の解説

鞍部
あんぶ

(くら)のように低くなった山の尾根をいう。水食作用、氷食作用、断層変位などで形成される。フランス語ではコルcol、ドイツ語ではヨッホJochとよばれる。褶曲(しゅうきょく)の背斜の名称として用いられることがある。鞍部は山地を横切る道として利用され、高山地帯では登山、観光などの用地として利用される場合もある。

[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「鞍部」の解説

鞍部【あんぶ】

山の尾根の一部で,低くくぼんで馬の鞍(くら)状になっている所。尾根が両側の谷の頭部に浸食されたために生じたもので,場所によっては峠道になっている所もある。
→関連項目きれっと

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「鞍部」の解説

あん‐ぶ【鞍部】

〘名〙 山と山との間の低くなった所。また、山の尾根で、馬の鞍(くら)のようにくぼんでいる所。たおり。コル。
※英和和英地学字彙(1914)「Anbu Saddle 鞍部」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鞍部」の解説

あん‐ぶ【×鞍部】

山の尾根のくぼんだ所。コル。
[類語]尾根山稜稜線分水嶺山襞山際山の端

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鞍部の言及

【海底地形】より

…斜体の英名は文献中よく使われる同義語。鞍部saddle海嶺の中または近接する海山の間にあり,鞍状をなす低い部分。 エプロン斜面apronarchipelagic apron―とくに島嶼や海山の群れのまわりにみられる緩い斜面で,ふつう滑らかな海底面を有する。…

【登山】より

… アンザイレンAnseilen[ドイツ]ザイルで身体を結びあい,相互確保して墜落に備えること。 鞍部(あんぶ)コルcol(フランス語)ともいう。大きな山と山との中間の稜線上の低い所。…

※「鞍部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android