コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体主権 だんたいしゅけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団体主権
だんたいしゅけん

政治的多元論者の重要な概念で,国家主権一元論に対立するもの。 O.ギールケは社会の諸団体は自然発生的に権利と独自の意思とをもっていることを強調し,また F.メートランドは中世において諸団体が自治的に活動していたことを立証した。これらを受けて H.ラスキは国家は諸団体と並ぶ部分社会にすぎず,国家が主権をもつごとく,他の諸団体もそれぞれの主権をもっていると論じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

団体主権の関連キーワード多元的国家論

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android