コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体主権 だんたいしゅけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団体主権
だんたいしゅけん

政治的多元論者の重要な概念で,国家主権一元論に対立するもの。 O.ギールケは社会の諸団体は自然発生的に権利と独自の意思とをもっていることを強調し,また F.メートランドは中世において諸団体が自治的に活動していたことを立証した。これらを受けて H.ラスキは国家は諸団体と並ぶ部分社会にすぎず,国家が主権をもつごとく,他の諸団体もそれぞれの主権をもっていると論じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

団体主権の関連キーワード多元的国家論

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団体主権の関連情報