国事犯(読み)こくじはん

精選版 日本国語大辞典「国事犯」の解説

こくじ‐はん【国事犯】

〘名〙 国家の政治的な秩序を侵害する犯罪。内乱罪など。政治犯。
※鬼啾啾(1884‐85)〈宮崎夢柳〉六「国事犯を糺問すべき臨時の法庭を開くに決しぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国事犯の言及

【政治犯】より

…政治犯罪political crimeとは,特定の政治体制の変革ないしは特定の政策の変更を目的とした行為が,当該政治社会の刑法その他刑罰法規に触れることを意味する。また政治犯罪は,国家の全体的な秩序そのものを直接攻撃の対象とするために,〈国事犯state crime〉と呼ばれることもある。他人の生命,身体,財産等を侵害する普通犯が,倫理的な規律に基づく自然犯的性格を有するのと対照的に,政治犯罪は特定の体制ないし政策の維持のために,人為的に創設された法定犯的性格を有する。…

※「国事犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android