コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎夢柳 みやざきむりゅう

2件 の用語解説(宮崎夢柳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宮崎夢柳【みやざきむりゅう】

新聞記者,小説家,翻訳家。本名富安(とみやす),別号芙蓉,戯号夢柳狂士。土佐生れ。藩校致道館に学び,坂崎紫瀾らと交わる。自由党《高知新聞》の記者となり,数編戯作小説を連載するが,その後1882年《自由新聞》に入社。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎夢柳 みやざき-むりゅう

1855-1889 明治時代の小説家。
安政2年生まれ。「高知新聞」記者をへて明治15年上京。「自由新聞」「自由灯」などに翻案政治小説を連載した。18年「虚無党実伝記鬼啾啾(きしゅうしゅう)」で文名をあげたが,出版条例違反のかどで軽禁固となった。明治22年7月23日死去。35歳。土佐(高知県)出身。本名は富要(とみやす)。別号に芙蓉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮崎夢柳の言及

【政治小説】より

…これらの新聞は政治小説の啓蒙的役割を重視したが,その記者にも《自由新聞》の桜田百衛(ももえ)(1859‐83),《絵入自由新聞》の小室案外堂(あんがいどう),《報知新聞》の矢野竜渓,尾崎咢堂,《改進新聞》の須藤南翠(なんすい)ら政治小説家として活躍した人が少なくない。大デュマの《一医師の追憶》を翻案した《仏国革命起源 西洋血潮小暴風(にしのうみちしおのさあらし)》(1882)で,原作にない熱烈な民権論を鼓吹したことで東洋のユゴーと呼ばれた桜田は83年に夭折するが,その志を継いで革命文学としての政治小説を精力的に執筆したのは宮崎夢柳(1855‐89)である。夢柳の代表作は,ロシアのテロリストを描いた《虚無党実伝記 鬼啾々(きしゆうしゆう)》(1884‐85)で,このころの群馬事件から秩父事件にいたる反政府闘争を背景に大きな反響を呼んだ。…

※「宮崎夢柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone