コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内乱罪 ないらんざい

6件 の用語解説(内乱罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内乱罪
ないらんざい

政府を転覆するなど日本国の憲法的基本秩序の破壊を目的として暴動を起す罪。刑法 77~80条に規定がある。関与者の役割に応じて,首魁 (しゅかい) ,謀議参与者,附和随行者などに区別され,別個に処罰される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ないらん‐ざい【内乱罪】

政府の転覆など、国家の基本的組織を不法に変革・破壊する目的で暴動を起こす罪。刑法第77条が禁じ、首謀者は死刑または無期禁錮に、共謀者・煽動者は無期または3年以上の禁錮に、その他の職務の者は1年以上10年以下の禁錮に、単なる参加者は3年以下の禁錮に処せられる。
[補説]内乱が成功すれば革命となり、裁くことはできない。また、過去には軍法で処断された五・一五事件二・二六事件を含め、本罪が適用された例は一つもない。オウム真理教による事件の際も、適用を求める意見があったが見送られた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

内乱罪【ないらんざい】

国の統治機構を破壊するなど,憲法の定める統治の基本秩序を壊乱する,いわゆる朝憲紊乱(びんらん)の目的で暴動をする罪(刑法77条以下)。関与の態様により処罰される。
→関連項目共犯死刑審級神兵隊事件政治犯目的犯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないらんざい【内乱罪】

日本国の政治的基本組織を不法に変革・破壊すること(憲法の定める統治の基本秩序の壊乱)を目的とした暴動を行う罪(刑法77条)。刑法は,国の統治機構の破壊や領土において国権を排除して権力を行使することを目的の例として挙げている。前者は行政組織の中枢である内閣制度を不法に破壊・変革することをいい,単に個々の閣僚を殺害して内閣の更迭を目的とするだけでは本条にいう〈目的〉があったとはいえない。本罪の行為は暴動である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないらんざい【内乱罪】

政府の転覆など国家の基本組織を不法に破壊することを目的として暴動を起こすことにより成立する罪。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内乱罪
ないらんざい

国家の基本的な統治機構を国の内部から暴力的に変革・破壊する罪。本罪は、国の外部から暴力的変革・破壊を行う外患罪とともに、国家の存立そのものを危うくする罪であるだけに、いずれの国家においても、その犯人は厳罰に処せられる。ただ、内乱が成功し、新たな支配秩序が確立されれば、既存の刑法では犯人は処罰しえず、むしろ革命の英雄として賞賛されることにもなる。それゆえに、内乱罪は政治犯または確信犯の典型とされ、その犯人に対しては、その名誉を重んじる立場から「名誉拘禁」の対象とされるのが一般的であり、また、国際法上も、政治犯人不引渡しの原則が確立している(逃亡犯罪人引渡法2条1号)。
 ところで、「内乱」とは国の統治機構を破壊し、またはその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動することである(刑法77条1項)。また、本罪の未遂罪のほか、予備・陰謀罪、幇助罪(ほうじょざい)をも広く処罰している(同法77条2項、78条、79条)が、暴動に至る前に自首すれば刑は免除される(同法80条)。
 内乱罪が成立するためには、所定の目的で「暴動」をすることを要する。「暴動」は、多数人が結合して、暴行・脅迫を行い、一地方の平穏を害する程度に達することが必要である。このように、内乱罪は多衆犯または集団犯の典型である点で、騒乱罪(刑法106条、107条)と類似する。
 本罪の刑罰はこれへの関与の形態に応じて、首謀者は死刑または無期禁錮、謀議参与者・群衆指揮者は無期または3年以上の禁錮、その他の職務従事者は1年以上10年以下の禁錮、単なる付和随行者・暴動参加者は3年以下の禁錮、にそれぞれ処せられる。
 内乱罪を含め政治犯罪については、その対審は公開されなければならない(憲法82条2項但書)。また本罪にかかる第一審は、その重大性から高等裁判所が管轄することになっている(裁判所法16条4号)。
 なお、内乱罪により有罪とされた事件として、第二次世界大戦前には1932年(昭和7)5月の「五・一五事件」や、翌1933年7月の「神兵隊事件」などがあるが、戦後には本罪が適用された事件は2009年(平成21)現在存在しない。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内乱罪の関連情報