コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒乱罪 ソウランザイ

6件 の用語解説(騒乱罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうらん‐ざい〔サウラン‐〕【騒乱罪】

多数の者が集まって暴行または脅迫を行い、ある地域の秩序・平和を乱す罪。刑法第106条が禁じ、首謀者は1年以上10年以下の懲役または禁錮に、指揮・率先した者は6か月以上7年以下の懲役または禁錮に、参加者は10万円以下の罰金に処せられる。騒擾罪(そうじょうざい)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

騒乱罪【そうらんざい】

狭義には多衆が集合して暴行・脅迫をする罪。刑は,首謀者は1年以上10年以下の懲役・禁錮(きんこ),指揮者・率先助勢者は6ヵ月以上7年以下の懲役・禁錮,付和随行者は10万円以下の罰金(刑法106条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうらんざい【騒乱罪】

内乱罪と並んで集団犯罪の一つであるが,内乱罪のような特定の政治的目的を必要としない。刑法の表記現代化以前は〈騒擾(そうじょう)罪〉とよばれた。狭義の騒乱罪と多衆不解散罪とがある。狭義の騒乱罪は,多衆が集合して暴行または脅迫することにより成立する。〈多衆〉とは一地方における公共の静穏を害するに足る程度の暴行・脅迫をするのに適当な多人数をいう。また〈集合〉とは多数人が集団で行動することをいう。内乱罪と異なり組織化された集団である必要はなく,いわゆる烏合の衆であってもよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうらんざい【騒乱罪】

多人数が集合して、暴行・脅迫を行い、一地方の公共を害する罪。刑法上、首謀者・指揮または率先助勢者・付和随行者に分けて処罰する。騒擾そうじよう罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

騒乱罪
そうらんざい

騒擾罪」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

騒乱罪
そうらんざい

多衆が集合して暴行または脅迫をし、一地域の平穏を害する罪。1987年(昭和62)の刑法一部改正によって、従来の騒擾罪(そうじょうざい)が騒乱罪と改められた。主謀者は1年以上10年以下の懲役または禁錮、他人を指揮したり率先して勢いを助けた者は6月以上7年以下の懲役または禁錮、附和随行した者は10万円以下の罰金に処せられる(刑法106条)。広義では多衆不解散罪(同法107条)を含む。本罪は、社会法益としての「公共の平穏」を害する罪であり、集団犯罪の典型であるが、内乱罪のように朝憲紊乱(ちょうけんびんらん)を目的とする組織的な犯罪とは異なり、むしろ群集心理に基づく点に特徴がある(したがって、附和随行者の刑は非常に軽い)。本罪の沿革は、自由民権運動の弾圧に多用された旧刑法(1879制定)の「兇徒聚衆罪(きょうとしゅうしゅうざい)」であり、現行刑法になってからも、第二次世界大戦前には、米騒動、農民運動、さらに労働運動の弾圧に活用され、戦後では、1950年(昭和25)前後の四大騒擾事件(平事件(たいらじけん)、メーデー事件、吹田事件(すいたじけん)、大須事件(おおすじけん))が有名である(なお、これらの事件は長期裁判となった)。
 本罪が成立するためには、客観的に、一地方の平穏を害するに足る集団的な暴行または脅迫が必要であり、主観的には、「共同意思」、すなわち、多衆が共同して(力をあわせて)暴行または脅迫する意思が必要である。なお本罪の主謀者は、かならずしも暴行または脅迫に直接参加する必要はない。ただ、本罪は群集心理に基づく点に特色があるから、主謀者の存在しない場合もありうる。ちなみに、多衆不解散罪とは、暴行または脅迫をするため多衆が集合し、権限のある公務員(警察官など)から解散の命令を受けることが3回以上に及んでも、なお解散しない罪である。
 なお、本罪につき、政治目的でなされる場合には、破壊活動防止法第40条に特別な規定がある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

騒乱罪の関連キーワード内乱罪犯罪心理学結合犯国事犯集団犯接続法目的犯集合的犯罪罪とならず性犯罪と裁判員裁判

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

騒乱罪の関連情報