国会周辺静穏保持法(読み)コッカイシュウヘンセイオンホジホウ

デジタル大辞泉の解説

こっかいしゅうへんせいおんほじ‐ほう〔コククワイシウヘンセイヲンホヂハフ〕【国会周辺静穏保持法】

《「国会議事堂周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」の略称国会の審議権を確保し、また諸外国との良好な関係を維持するために、国会議事堂外国公館の周辺で拡声機の使用を制限することを定めた法律。昭和63年(1988)制定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android