コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内法優位説 こくないほうゆういせつdoctrine of the supremacy of municipal law over international law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国内法優位説
こくないほうゆういせつ
doctrine of the supremacy of municipal law over international law

国際法と国内法の一元的理論構成において,国内法が優位にあるとする学説 (→一元論 ) 。国の最高法規たる憲法に反する国際法,特に条約は,憲法と抵触するかぎりにおいて無効であるとする考え方がある。しかし国家主権中心の法体系のなかに国際法を配列しようとするならば,それは国際法否認に達するであろう。したがっていったん有効に成立した条約を否認することは許されないが,国内法に反する条約は締結してはならないということはできる。このように,この一元的構成は難点をもっている。 (→国際法優位説 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android