コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際法優位説 こくさいほうゆういせつdoctrine of the supremacy of international law over municipal law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際法優位説
こくさいほうゆういせつ
doctrine of the supremacy of international law over municipal law

国際法国内法との関係を一元的に理論構成し,国際法が優位にあると主張する学説である。国際法が国家間の関係を規律する機能をもつ以上,国家の定める国内法に対して優位にあるというのがその主体たる論拠である。しかし国際判例では,国内法と国際法の衝突に関して国際法の優位を認めた場合にも国内法をただちに無効とすることはほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android