コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国別援助方針 くにべつえんじょほうしん aid policies for each country

1件 の用語解説(国別援助方針の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国別援助方針
くにべつえんじょほうしん
aid policies for each country

発展途上国の置かれている状況が多様化し最も効果的な経済協力のあり方が相手国によって異なってきていることを背景に,必要とされている援助の方針。 1988年の経済計画「世界とともに生きる日本」では,援助需要を国ごとの経済発展の実情に対して適切に取り上げる仕組みを充実することとし,「発展段階別の経済協力指針を充実するとともに,これをふまえつつ相手国の実情及び我が国との二国間関係を十分勘案して,国別援助方針を明確に定める」としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国別援助方針の関連キーワード開発輸入後発発展途上国発展途上国前後を忘れる多様化UNIDO後発開発途上国(LDC)ネパールの貧困遺伝資源へのアクセスと利益配分特恵関税制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone