コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国宰 コクサイ

デジタル大辞泉の解説

こく‐さい【国宰】

国司」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくさい【国宰】

国司の唐名。
大臣。宰相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国宰の言及

【国司】より

…その政庁を国衙(こくが)あるいは国庁といい,政庁所在地を国府といった。
[成立]
 大和国家の地方組織は,在地勢力である国造(くにのみやつこ)・県主(あがたぬし)等の支配する国・県等から成り,中央の朝廷が必要に応じて臨時に役人を地方に派遣することがあって,それが国宰(くにのみこともち)などと呼ばれることはあっても,庶政全般をつかさどる常駐の地方官というものは存在しなかった。ところが大化改新で中央集権的な全国支配体制が採用されることになると,改新政府はまず645年(大化1)8月にいわゆる東国国司を派遣し,やがて西国方面にも同様の国司が派遣されたらしい。…

※「国宰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国宰の関連キーワードビューロー(Bernhard Fürst von Bülow)ベルンハルト・フォン ビューローデーリー・テレグラフ事件ベートマン・ホルウェークベートマン・ホルウェークG.フォン ヘアトリングバーデン(ドイツ)尾張国郡司百姓等解筑紫総領・筑紫惣領ホーエンローエ家ツェーリンゲン家ペルディッカスホーエンローエデルブリュックボンヘッファーオイレンブルクプロイセン王国ディアドコイヘアトリングホーフブルク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android