国家主権説(読み)コッカシュケンセツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国家主権説
こっかしゅけんせつ

包括的統一的国権(主権)が法人たる国家に帰属するという学説。主権主体を具体的な人間以外のものとすることによって、主権論の本来的な問題を回避しようとするもの。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こっか‐しゅけんせつ コクカ‥【国家主権説】

〘名〙 主権が国家自身に属するとする学説。一九世紀ドイツにおいて国家法人説の立場から君主主権説に対して唱えられた。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android