コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家保安法 こっかほあんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家保安法
こっかほあんほう

韓国政府成立直後の 1948年に制定され,80年末の反共法廃止に伴い全面的に改定された反国家活動取締法。反国家団体の結成,加盟,破壊活動,スパイ行為などを禁止し,違反者には死刑を科すこともできる。ほかに,反国家団体の支配地域 (北朝鮮) への往来禁止 (違反者には 10年以下の懲役) ,反国家団体とその活動に対する称賛や支援の禁止 (同7年以下の懲役) ,反国家団体員との会合や通信の禁止 (10年以下の懲役) などが規定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国家保安法の関連キーワード在日韓国・朝鮮人と祖国ゾルゲ リヒアルト韓国中央情報部朝鮮統一問題済州島事件金 賢姫金 永煥黄 晳暎そう奉岩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家保安法の関連情報