コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主自由党 ミンシュジユウトウ

4件 の用語解説(民主自由党の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みんしゅ‐じゆうとう〔‐ジイウタウ〕【民主自由党】

昭和23年(1948)日本自由党同志クラブとが合同し、吉田茂を総裁として結成された保守政党民自党。→自由党

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

民主自由党【みんしゅじゆうとう】

日本自由党と,炭鉱国家管理法案に反対して日本民主党を脱党した幣原(しではら)喜重郎らが合同して,1948年に結成した保守政党。総裁吉田茂は同年10月芦田均内閣の倒壊後,組閣。
→関連項目清瀬一郎佐藤栄作自由党(日本)鈴木善幸日本日本民主党吉田茂内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

みんしゅじゆうとう【民主自由党】

1948年(昭和23)日本自由党が、日本民主党から分裂した同志クラブと結成した保守政党。民自党。 → 自由党

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民主自由党
みんしゅじゆうとう

1948年(昭和23)3月15日、日本自由党と民主クラブ(旧民主党幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)派)が合同して結成した保守政党。片山・芦田(あしだ)両内閣の野党であった日本自由党が次期政権工作のため進めた保守合同であり、結党時は153名で衆議院第一党を確保、総裁は吉田茂。1948年10月芦田内閣総辞職後は第二次吉田内閣を、ついで1949年1月総選挙で264名の絶対多数を確保して第三次吉田内閣を成立させた。またこの選挙で増田甲子七(かねしち)、池田勇人(はやと)、佐藤栄作ら官僚出身者を多数当選させて閣僚に起用し、官僚派を中軸とする戦後保守支配体制の基礎を固めた。1950年3月民主党連立派と保守合同、自由党となった。[吉田健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の民主自由党の言及

【自由党】より

…占領体制下の多党化状況の中で第1次から第5次までを数えた吉田茂内閣が成立。これらの吉田内閣を支えたのが自由党であり,党名は日本自由党,1948年3月に民主自由党(民自党),50年3月に自由党へと変遷した。 1945年11月9日,鳩山一郎を総裁とし,幹事長を河野一郎とする日本自由党が結党された。…

※「民主自由党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

民主自由党の関連キーワード憲政党日本自由党立憲自由党伊吹派国家管理池尾芳蔵西田隆男炭鉱国家管理問題大学管理法案臨時石炭鉱業管理法

民主自由党の関連情報