コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国平 くにひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国平 くにひら

?-? 江戸時代中期の刀工。
薩摩(さつま)(鹿児島県)の刀工奥忠清の甥(おい)とも,従弟(いとこ)ともいう。丸田惣左衛門正房に師事。はじめ銘を忠金,包善ときり,のち国平にあらためる。享保(きょうほう)6年(1721)幕府にまねかれた正清と一平安代(いっぺい-やすよ)を後見して江戸におもむいた。「薩州住国平八十六歳作之」ときざんだ作刀がある。通称は奥太郎,総兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国平の関連キーワード人口10万人あたりの医師数京都市のパン年間購入金額緊急調整地域の指定制度避難勧告の発令基準県内の有効求人倍率山梨県の自殺死亡率東海への訪日外国人堆朱楊成(18代)勝山藩〈安房国〉仁井田 益太郎ハーグ密使事件羽陽秋北水土録阿津賀志山の戦加藤木 重教女性労働力率村井 若太郎名古屋金利学校給食費酒井 忠宝自殺死亡率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android