コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一平安代 いっぺい やすよ

2件 の用語解説(一平安代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一平安代 いっぺい-やすよ

1680-1728 江戸時代中期の刀工。
延宝8年4月19日生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の刀工一平安貞の子。父および波平(なみのひら)安国にまなぶ。享保(きょうほう)6年正清とともに江戸にでて,将軍徳川吉宗の佩刀(はいとう)をつくる。功により銘に一葉葵紋(あおいもん)をきることをゆるされる。帰途,朝廷から主馬首(しゅめのかみ)の官名をうける。享保13年11月28日死去。49歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一平安代

没年:享保13.11.28(1728.12.28)
生年:延宝8.4.19(1680.5.17)
江戸中期の薩摩(鹿児島県)の刀工。一平安貞の子で,父および波平安国に鍛刀を学んだ。安代が活躍したのは元禄(1688~1704)後の平和な時期であり,刀剣の需要が少なく刀工不遇の時代であった。8代将軍徳川吉宗は武芸奨励策をとり,その一環として,全国の優秀刀工名簿を作り,さらに優れたものは江戸に召して,将軍の御前で作刀させたが,この薩摩から安代と主水正正清ふたりが選ばれ,享保6(1721)年1月,浜離宮で作刀し,その功により,銘に一葉葵紋を切ることを許され,また帰国の途,京都で主馬首の官名を賜った。作品は刀,脇指が主で,身幅が広い豪壮なものが多く,鍛えは板目に柾目を交え,刃文は直刃が浅く湾れ,互の目を交え沸が深くつくのを特徴としている。<参考文献>『薩摩刀名作集』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一平安代の関連キーワード薩摩鹿児島古薩摩国平妻屋宗左衛門波平正国波平安張波平安行西俣因悦主水正正清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone