コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民文化会議 こくみんぶんかかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんぶんかかいぎ【国民文化会議】

総評のよびかけで,1955年に発足した文化運動団体。総評や中立労連系の労働組合やサークルと,その労働運動に理解をもつ学者,芸術家ジャーナリスト文化団体が集まって新しい文化の創造をめざした。その背景には当時さかんだった,うたごえ運動,生活記録運動,学習運動,あるいは文学,演劇,美術,映画などの労働者の文化サークル運動の高揚がある。また米軍基地反対や再軍備・憲法改正反対,あるいは教育・マスコミの国家統制反対などでの労組文化人の協力もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国民文化会議の言及

【上原専禄】より

…第2次大戦中も〈サルウィアーヌス考〉(《思想》1943)などによって戦争批判の態度を示していたが,戦後は戦時の経験をふまえて,国民の歴史学の形成と新しい世界史の模索に向かい,一橋大学の学長としても,学長選挙への学生参加の方向を打ち出した。55年に創立された国民文化会議の議長となり,57年に日教組が創立した国民教育研究所とも深くかかわった。この頃からアジア・アフリカの問題に発言し《世界史における現代のアジア》(1956,増補改訂版1961)などを発表している。…

※「国民文化会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国民文化会議の関連キーワード稲葉 三千男佐木 秋夫上原 専禄稲葉三千男佐木秋夫上原専禄総評