コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間宏 のまひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野間宏
のまひろし

[生]1915.2.23. 神戸
[没]1991.1.2. 東京
小説家。第三高等学校を経て,1938年京都大学仏文科卒業。 41年補充兵として入隊,フィリピンに送られたが思想犯として逮捕され,その間の体験が『真空地帯』 (1952) を生んだ。 46年,第2次世界大戦前の革命運動とエゴイズムの葛藤を描いた『暗い絵』の成功で戦後文学の代表作家となったが,その後,社会的,政治的行動性を回復し,多様な角度から人間を描く総合小説を試みて『地の翼』 (55~57) ,『さいころの空』 (58~59) ,『わが塔はそこに立つ』 (60~61) などを書き,大作青年の環』 (47~71) を完成した。また 75年からは狭山事件の真相究明につとめて注目された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

野間宏【のまひろし】

小説家。神戸市生れ。京大仏文科卒。学生時代の左翼運動と戦争体験から《暗い絵》を書き,第1次戦後派の先頭をきった。1946年日本共産党に入党(1964年除名),また新日本文学会に入り《人民文学》を編集。
→関連項目大西巨人近代文学郷静子佐多稲子新日本文学戦後派高橋和巳山本薩夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間宏 のま-ひろし

1915-1991 昭和時代後期の小説家。
大正4年2月23日生まれ。フランス象徴主義,ついでマルクス主義の影響をうける。昭和21年「暗い絵」を発表,第1次戦後派とよばれる。アジア-アフリカ作家会議,狭山(さやま)事件裁判などにかかわった。平成3年1月2日死去。75歳。兵庫県出身。京都帝大卒。著作に「崩解感覚」「真空地帯」「青年の環」「狭山裁判」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のまひろし【野間宏】

1915~1991) 小説家。神戸生まれ。京大卒。戦中の青春を描く「暗い絵」で戦後派の旗手となる。以後、小説理論や差別などの社会問題を追及。他に「真空地帯」「青年の環」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野間宏
のまひろし
(1915―1991)

詩人、小説家。大正4年2月23日神戸市に生まれる。父は電気技師であったが、同時に土俗化した在家仏教の教祖でもあった。北野中学から旧制三高を経て京都帝国大学仏文科を卒業。三高時代より富士正晴(まさはる)、桑原(のち竹之内)静雄とともに象徴主義の詩人竹内勝太郎に影響を受け、その指導のもと同人雑誌『三人』を刊行。詩や小説を書き出す。大学入学ころよりマルクス主義に接近、崩壊期の運動の現実をみる。大阪市役所に勤め、融和事業を担当して被差別部落の実態を知る。1941年(昭和16)召集を受け、フィリピンのバターン、コレヒドール戦に参加。43年には治安維持法違反により陸軍刑務所に収監、年末にようやく出所する。第二次世界大戦後の野間文学の開花は、こうした戦争中の体験によるところが大きい。
 1946年、戦時下の学生活動家たちの姿を通し、新たな思想的出発点を示した『暗い絵』を発表。高い評価を得て、椎名麟三(しいなりんぞう)、埴谷雄高(はにやゆたか)、武田泰淳(たいじゅん)らとともに第一次戦後派と称せられる。『崩解感覚』(1948)を頂点とする一連の小説で戦争の傷痕(しょうこん)に苦しむ人間たちをその内面から独特な文体で描き出す。52年には戦後文学の記念碑的作品ともいうべき『真空地帯』を発表。軍隊の本質を暴いて海外での評価も高かった。その後『さいころの空』(1958~59)で株の世界に挑んで現代社会をまるごと把握しようと試みたり、『わが塔はそこに立つ』(1960~61)で宗教の問題に取り組むなど意欲的な大作を次々と書く。その最大のものが、24年間を経て完結した大長編『青年の環(わ)』(1948~71)である。1939年の大阪を舞台にその「全体小説理論」があますところなく発揮された代表作である。これにより谷崎潤一郎賞、アジア・アフリカ作家会議のロータス賞を受けた。宗教的思索をまとめた『親鸞(しんらん)』(1973)、部落差別による裁判事件を追及した『狭山(さやま)裁判』(1997)などの著作もある。79年には小田実(まこと)、真継伸彦(まつぎのぶひこ)、篠田浩一郎(しのだこういちろう)と季刊雑誌『使者』(12号で終刊)の編集同人となり、幅広い状況への発言を行った。[紅野謙介]
『『野間宏全集』22巻・別巻1(1969~73・筑摩書房) ▽渡辺広士著『野間宏論』(1969・審美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野間宏の言及

【暗い絵】より

…野間宏(1915‐91)の中編小説。1946年《黄蜂》に断続的に連載。…

【青年の環】より

…野間宏(1915‐91)の全5巻6部8000枚に及ぶ長編小説。1947年6月号《近代文学》に初めて発表されて以来,2回の中断と多くの改作の末70年に完成した。…

【フランス文学】より

…また,《詩と詩論》など,シュルレアリスムをはじめとする同時代の文学の紹介に熱意を示す雑誌が,つぎつぎに刊行されたのもこの時期である。 第2次大戦後,特筆しなければならないのは,野間宏におけるジッドやサルトル,中村真一郎におけるネルバルやプルーストのように,フランス文学に対する理解が,小説の方法そのものとして血肉化されていることである。モーリヤックと遠藤周作の関係についても,同じことが言える。…

※「野間宏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野間宏の関連キーワードアジア・アフリカ作家会議黄金の夜明ける兵藤 正之助アプレゲール戦後派文学ロータス賞布施 杜生全身小説家木谷利一郎国民文学論下村 正夫佐々木基一坂本 一亀エゴイズム竹内勝太郎フィリピン梅崎春生全体小説江島 寛野間 宏

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野間宏の関連情報