コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原専禄 うえはらせんろく

百科事典マイペディアの解説

上原専禄【うえはらせんろく】

歴史学者,思想家。京都に生まれる。東京商科大学(現,一橋大学)卒。1923年−1926年ウィーン大学で厳密な史料批判に基づいた中世史研究を学ぶ。1939年東京商科大教授,1946年一橋大学長となる(1949年まで)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原専禄 うえはら-せんろく

1899-1975 昭和時代の歴史学者。
明治32年5月21日生まれ。昭和3年母校東京商大(現一橋大)の教授,21年学長。ドイツ中世史を専攻し,戦後はあたらしい世界史像の形成を模索。また国民文化会議議長などをつとめ,平和運動や教育運動をすすめる。晩年は日蓮を研究した。昭和50年10月28日死去。76歳。京都出身。著作に「独逸(ドイツ)中世史研究」「歴史的省察の新対象」「死者,生者」「クレタの壺」など。
格言など】おれの死んだことはだれにも知らせるな(最期の言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うえはらせんろく【上原専禄】

1899‐1975(明治32‐昭和50)
歴史学者,思想家。京都に生まれ,1922年東京高等商業学校(東京商科大学,現,一橋大学)卒業,22年から25年までウィーン大学のA.ドプシュ教授のもとで厳密な史料批判に基づく中世史研究を学び,〈フッガー時報考〉(1923年ドイツ語で発表,《独逸中世史研究》所収),〈クロスターノイブルク修道院のグルントヘルシャフト〉(1929年発表,《独逸中世の社会と経済》所収)とを著し,日本における中世史研究に大きな衝撃を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上原専禄
うえはらせんろく
(1899―1975)

昭和期の歴史学者。京都に生れる。東京高等商業学校(のちの東京商科大学、現、一橋大学)卒業後、1922年(大正11)から2年間ウィーン大学に留学し、中世史研究の大家であるドープシュに学ぶ。帰国後、高岡高商を経て1928年(昭和3)東京商科大学に勤めた。ドープシュの学風は歴史的経過の多様性に目を開き、歴史を総合的にみる。上原もこの視座を受け継ぎ、実証と批判的総合の歴史学を実践した。『独逸中世史研究』(1942年)、『独逸中世の社会と経済』(1949年)がその成果である。戦後、1946年から1949年、学長を務め、一橋大学への改組に功績があった。退任後、国民文化会議、国民教育研究所などで指導者として働き、平和運動、歴史教育運動に貢献した。『世界史像の新形成』(1955年)、『世界史における現代のアジア』(1956年)などは、グローバルな現代世界をみる新しい歴史の視座を提起している。最晩年は京都南郊に隠栖した。エッセイに『クレタの壺』(1975年)がある。[堀越孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上原専禄の言及

【国民文化会議】より

…また米軍基地反対や再軍備・憲法改正反対,あるいは教育・マスコミの国家統制反対などでの労組と文化人の協力もある。初代会長は上原専禄,つづいて木下順二,野間宏,日高六郎が代表委員の時代があり,その後は日高が代表。専門家も労働者や主婦もヒザをつきあわせて討論する〈国民文化全国集会〉や〈文化シンポジウム〉などのほか,〈働くものの文化祭〉や各種発表会,原稿募集などを行う。…

【封建制度】より

…このようにして封建制と訳された西洋的概念は,前述のように近代史学の先駆者たちのドイツ史学学習によって精密化され,日本史に輸入された。しかし,このような封建制概念の〈脱亜入欧〉に際しても,漢語の封建がもつニュアンスが,無意識のうちに受け継がれたことは,すでに上原専禄も1938年の論考で〈鎌倉政権の樹立に日本封建制度の濫觴を見んと欲し,江戸法制にその完成を観ぜんとする〉傾向を,〈儒学的・支那学的思考の余韻〉というように指摘している。新見吉治が1936年刊の《武家政治の研究》で,〈西洋の封建時代は亦我に倣って武家政治の時代と呼んで差支えない〉とまでいっているのは,〈脱亜入欧〉の際無意識に混入した伝統的封建概念が顕在化した例である。…

※「上原専禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上原専禄の関連キーワード平和問題懇談会5月21日上原 専禄増田四郎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android