コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うたごえ運動 うたごえうんどう

2件 の用語解説(うたごえ運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うたごえうんどう【うたごえ運動】

労音とならぶ戦後日本の音楽文化運動。1948年,生活と音楽とを結び付けることを目的として,関鑑子(あきこ)(1899‐1973)をリーダーとする中央合唱団によって始められた。運動は職場,学校と地域とが交流する形で全国的に広がった。53年には〈うたごえは平和の力〉のスローガンを掲げて,全国合唱団会議を創設,54年には原爆禁止運動と結び付いて〈日本のうたごえ〉運動として発展した。運動は60年代前半に最盛期を迎えたが,その後大衆運動落に伴って衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うたごえ運動
うたごえうんどう

1948年(昭和23)関鑑子(あきこ)の指導のもとに、日本共産党系の青年労働者を中心とする中央合唱団によって始められた、合唱による平和運動。合唱の最初の「教典」となった『青年歌集』には、外国の民謡や歌曲が多かったが、のちには日本民謡や創作曲も数を増した。この創作曲のなかから『原爆を許すまじ』『しあわせの歌』なども生まれた。運動は労働組合や職場サークルから、一般大衆の間にも浸透した。関鑑子はこの功績によって55年国際平和スターリン賞を受賞した。[梶 龍雄]
『絲屋寿雄著『労働歌・革命歌物語』(1970・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うたごえ運動の関連情報