コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高 ひだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日高
ひだか

兵庫県北部,豊岡市南西部の旧町域。円山川中流域と支流稲葉川,八代川の流域にある。 1925年町制。 1955年国府村,八代村,三方村,西気村,清滝村の5村と合体。 2005年豊岡市,城崎町,竹野町,出石町,但東町の1市4町と合体して豊岡市となった。北部の JR山陰本線国府駅付近は奈良時代但馬国府が置かれたところで,かつての但馬の中心。農業が主で,ブロイラーの生産で有名。中心集落の江原に製糸,製鋼の近代工場がある。西部の神鍋山一帯の高原は関西有数のスキー場として知られ,但馬山岳県立自然公園に属する。旧大岡寺庭園は名勝,但馬国分寺跡は史跡に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐だか【日高】

まだ日の高い時分。日中。
「いかなる旅人も―に泊り、曙を急がず」〈浮・一代男・二〉

ひだか【日高】[地名]

北海道の旧国名。現在の日高振興局管内に相当する地域。
北海道中南部の振興局日高山脈の西側を占め太平洋に面する。局所在地は浦河町
埼玉県中南部の市。古代に渡来人が入植して高麗郡を置いた地で、中世は高麗氏の所領。高麗神社がある。住宅地化が進む。平成3年(1991)市制。人口5.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高 にちこう

1257-1314 鎌倉時代の僧。
正嘉(しょうか)元年生まれ。大田乗明(じょうみょう)の子といわれる。甲斐(かい)身延(みのぶ)山で日蓮に師事し,永仁(えいにん)7年下総(しもうさ)中山(千葉県)法華経(ほけきょう)寺の住持となる。のち本妙寺を創建して両山一主制をはじめ,また千葉氏の援助をえて教団の経済基盤の確立と寺院体制の整備をすすめた。正和(しょうわ)3年4月26日死去。58歳。下総中山出身。通称は帥公(そつこう)。著作に「置文」「申状」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだか【日高】

北海道旧一一か国の一。日高支庁に相当する地域。
北海道南部の支庁。支庁所在地、浦河町。
北海道南部、沙流さる郡の町。日高地区は、木材の集散地。太平洋に臨む門別地区は、サラブレッドの生産が盛ん。
埼玉県中部の市。高麗こま川の谷口で、かつては市場町。都心に近く、住宅地化が進む。
和歌山県中西部、日高郡の町。紀伊水道に臨みリアス式海岸が発達、煙樹海岸県立自然公園となる。
兵庫県北部、豊岡市の地名。古代但馬国の国府・国分寺があった。神鍋かんなべ山はスキー場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高
ひだか

兵庫県中北部、城崎(きのさき)郡にあった旧町名(日高町(ちょう))。現在は豊岡(とよおか)市の南西部を占める一地区。1925年(大正14)町制施行。1955年(昭和30)日高町は国府(こくぶ)、八代(やしろ)、三方(みかた)、西気(にしき)、清滝(きよたき)の5村と合併。2005年(平成17)豊岡市に合併。円山(まるやま)川とその支流稲葉川の流域で、円山川に沿ってJR山陰本線と国道312号、482号が南北に走る。旧町域北東部にコウノトリ但馬(たじま)空港(コミューター空港)がある。国府、国分寺の所在地で古代但馬の政治、文化の中心地であった。高原野菜、ブロイラー飼育は全国有数で、畳床、木製品、食料品の生産も活発。西部の山地は氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園域で、関西一のスキー場を誇る神鍋(かんなべ)高原、紅葉の阿瀬渓谷がある。[大槻 守]
『『日高町史』全3巻(1976~1983・日高町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日高の関連キーワード和歌山県日高郡日高川町三十井川日高町沙流川オートキャンプ場和歌山県日高郡日高川町原日浦和歌山県日高郡日高川町三十木和歌山県日高郡日高川町三百瀬和歌山県日高郡日高川町愛川和歌山県日高郡日高川町土生和歌山県日高郡日高川町平川和歌山県日高郡日高川町松瀬和歌山県日高郡日高川町蛇尾和歌山県日高郡日高川町早藤和歌山県日高郡日高川町入野和歌山県日高郡日高川町浅間和歌山県日高郡日高川町西原和歌山県日高郡日高町津久野和歌山県日高郡日高川町三佐和歌山県日高郡日高川町佐井和歌山県日高郡日高川町若野和歌山県日高郡日高町比井和歌山県日高郡日高町原谷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日高の関連情報