国神(読み)くにつかみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国津神、地祇(くにつかみ)とも記す。主として記紀神話の天神(あまつかみ)、天神之御子(あまつかみのみこ)に対応して用いられる神。一般には高天原(たかあまのはら)にある天神に対して、葦原中国(あしはらのなかつくに)にある神をいうとされる。『古事記』では国神として大山津見神(おおやまつみのかみ)、猿田毗古(さるたひこ)神、椎根津日子(しいねつひこ)などを、『令義解(りょうのぎげ)』の「神祇」では地祇として大神(おおみわ)、大倭(おおやまと)、葛木鴨(かつらぎのかも)、出雲大汝(いずもおおなむち)神などを、そして『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』では地祇として大国主命(おおくにぬしのみこと)、海神綿積豊玉彦(わたつみわたつみとよたまひこ)命、椎根津彦(しいねつひこ)命などをあげている。また『日本書紀』では、その土地固有の神、未平定地の神、外国の神に対して日本の神などをもさし、『万葉集』では人間の国土を支配し守る神をさしている。このように国神の性格、内容は種々の要因を含み複雑である。

[森安 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android