コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連「開発の10年」 こくれんかいはつのじゅうねんUnited Nations Development Decade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連「開発の10年」
こくれんかいはつのじゅうねん
United Nations Development Decade

略称 UNDD。ケネディ米大統領の提唱に基づき,1961年の国連総会は 1960年代を国連「開発の 10年」と宣言し,発展途上国全体の経済成長率を年5%とし,先進国による援助の増大を決議した。目標の経済成長は達成されたが,人口増加もあって南北間の格差はむしろ拡大した。そこで社会的発展も重視され,「国際開発戦略」を盛込んだ UNDDが,70年代,80年代に設定された。 91年に始った第4次 UNDDは,地球環境に配慮する持続的成長を重視している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国連「開発の10年」の関連キーワードティンバーゲン(Jan Tinbergen)第4次国連開発の10年のための国際開発戦略ジャン ティンバーゲンティンベルヘン報告開発途上国開発問題国連貿易開発会議援助量の国際目標新国際開発戦略ウ・タント自助努力

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android