国連人種差別撤廃委員会(読み)コクレンジンシュサベツテッパイイインカイ

デジタル大辞泉「国連人種差別撤廃委員会」の解説

こくれんじんしゅさべつてっぱい‐いいんかい〔‐ヰヰンクワイ〕【国連人種差別撤廃委員会】

国連人種差別撤廃条約に基づいて設置される委員会。18人の専門家で構成され、締約国の条約履行状況を調査・監視し、必要に応じて改善を勧告する。委員の任期は4年で、2年ごとに半数が改選される。正式名称は「人種差別撤廃に関する委員会」。CERD(サード)(Committee on the Elimination of Racial Discrimination)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android