コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人種差別撤廃条約 じんしゅさべつてっぱいじょうやく International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination

6件 の用語解説(人種差別撤廃条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人種差別撤廃条約
じんしゅさべつてっぱいじょうやく
International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination

正式には「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」という。 1965年国連総会が採択した条約。この条約は,締約国に対して人種差別撤廃の政策を義務づけ,条約履行のために,第8条で「人種差別撤廃委員会」を設けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんしゅさべつてっぱい‐じょうやく〔‐デウヤク〕【人種差別撤廃条約】

《「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」の通称》人種・皮膚の色・血統・民族・部族などの違いによる差別をなくすために、必要な政策・措置を遅滞なく行うことを義務付ける国際条約。1965年の第20回国連総会で採択され、1969年に発効。2016年7月現在、締約国183(批准177、署名のみ6)。日本は1995年に批准。ICERD(International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination)。→基本的人権

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人種差別撤廃条約【じんしゅさべつてっぱいじょうやく】

1965年に人種差別の撤廃をめざして国連総会で採択された国際条約。1969年発効。この条約では人種や民族などによる差別を禁じ,締約国は差別撤廃へむけた諸措置の実施状況を定期的に報告しなければならない。
→関連項目国際連合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんしゅさべつてっぱいじょうやく【人種差別撤廃条約】

正式名を,〈あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination〉という。1965年12月21日国連総会において賛成106,反対なし,棄権1で採択した。97年9月現在当事国148(イギリスドイツフランス等のEU諸国,旧ソ連・東欧諸国,アメリカカナダブラジル等の北米・中南米諸国など世界の大多数の国が含まれる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんしゅさべつてっぱいじょうやく【人種差別撤廃条約】

あらゆる種類の人種差別を非難し、その撤廃と人種間の理解促進を目的とする国際条約。実施確保のために人種差別撤廃委員会を設置。国際連合総会で1965年採択。69年発効。日本は95年加入。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人種差別撤廃条約
じんしゅさべつてっぱいじょうやく

正式名称は「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination。1965年12月21日に国際連合総会において賛成106、反対なし、棄権1で採択され、1969年1月4日に発効した。締約国は2009年5月で173か国。日本は、1995年12月に加入の手続をとり、翌1996年1月14日に発効した。
 この条約にいう「人種差別」とは、人種・皮膚の色・世系(せいけい)(descent。出生によって決定される社会的地位や身分)・民族的または種族的出身(origin)に基づく区別や除外や制約や優先であって、政治・経済・社会・文化その他の公的な生活の分野で、人権と基本的自由の、平等の立場での承認や享有や行使を無効にしたり害する目的や効果をもつものを意味する。この条約の履行を確保するため、締約国は種々の国内措置をとっており、また人種差別撤廃委員会という国際機関を設置した。この委員会は、締約国の報告を審議し、異議申立てを受理するほか、一定の条件で、個人や団体の申立ても受理し、審理することができる。[芹田健太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人種差別撤廃条約の関連キーワード人種差別女子差別撤廃条約国際人権法人種差別撤廃国際条約あらゆるNAACP国際人権条約国際人種差別撤廃デー女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約人種差別制度

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人種差別撤廃条約の関連情報