国防総省(読み)コクボウソウショウ

  • こくぼうそうしょう コクバウソウシャウ
  • こくぼうそうしょう〔コクバウソウシヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

米国の中央官庁の一。陸海空三軍を轄する最高軍事行政機関。長官には文官をあてる。1947年、国家安全保障法により国家軍事省として設置、1949年の法改正で現組織となる。Department of DefenseからDODあるいはDD、また、建物の形が五角形であることからペンタゴンともいう。国防省
[補説]2001年の同時多発テロ事件により建物の一部が崩壊・炎上した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アメリカの陸海空軍三省を統合した最高軍事機関。五角形の建物の中にあるのでペンタゴンと通称。作戦指揮系統は統合参謀本部が行ない、三省長官は軍政のみを行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵の解説

ペンタゴン」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の国防総省の言及

【ペンタゴン】より

…アメリカ合衆国国防(総)省Department of Defenseの通称。バージニア州アーリントンのポトマック河畔にあり,建物が五角形pentagonをしているのでそう呼ばれる。陸,海(海兵隊を含む),空の三軍のほか統合参謀本部Joint Chiefs of Staff,調達部門を含め,一省としてはおそらく世界最大の規模(民間人雇用者数約99万人。1982)。1947年の国家安全保障法National Security Actにより創設されたが,その主たるねらいは,第1次,第2次世界大戦以来しばしば指摘されてきた陸,海軍の対立,作戦面での不整合を最高指揮系統の一本化によって解消し,また戦後の冷戦状況下でより機能的,合目的的な国防政策体系を確立することであった。…

※「国防総省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国防総省の関連情報