コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際テレックス こくさいテレックス

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいテレックス【国際テレックス】

世界的に統一された規格のテレプリンターという端末機器を用い,1分間50ボー(66語/min)という統一された伝送速度で,原理的には世界に約100万台使われているいずれの端末とも交信できる,記録通信面での基本的交換型サービスである。日本からも国際回線を通して世界200対地と通信できる。日本国内ではKDD(国際電信電話株式会社)の直接の加入端末(5単位の国際規格)の加入のほか,日本電信電話公社の国内加入電信端末(6単位のカタカナ・タイプ)のうち,国際利用登録をしたものの加入からも利用できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際テレックス
こくさいてれっくす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際テレックスの関連キーワード国際デーテル国際電報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android