コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際電報 こくさいでんぽう

百科事典マイペディアの解説

国際電報【こくさいでんぽう】

国際間に発着信する電報。日本では,1871年長崎〜上海間,長崎〜ウラジオストク間に海底電信線が開通して始められた。国際テレックスは1956年開始。国際電報は,KDD[株],日本電信電話[株]で取り扱っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいでんぽう【国際電報】

二つの異なる国の陸地間に発着する電報国際通信上,最も基本的なサービスである。日本でも1871年(明治4)にデンマークのグレート・ノーザン電信会社が,長崎~上海間,長崎~ウラジオストク間に海底電信線を敷設したときから取り扱われている(無線では,1915年の落石無線局とペトロパブロフスク無線局間が最初)。現在,日本と世界の主要対地との間には通信衛星海底ケーブル等による電報用回線があり,世界中のどことでも国際電報の送受ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際電報
こくさいでんぽう
international telegram

日本と外国の都市間を国際通信回線で結んで電文を送受する国際通信サービス。電気通信事業法に基づく電気通信事業としては日本ではKDDIが取り扱っている。相手の住所まで配達される。日本の国際電報サービスは、1871年(明治4)デンマークの大北(たいほく)電信会社が日本政府の免許を受けて敷設した長崎―上海(シャンハイ)間および長崎―ウラジオストク間海底電信ケーブルの開通によって開始された。以来、海底同軸ケーブル通信、衛星通信の広帯域通信幹線が建設されるまでの約100年間、国際電報は国際通信サービスの中心的役割を果たしたが、1969年(昭和44)の年間取扱通数602万通をピークに、電話、テレックス、ファクシミリ、電子メールなどの通信手段の普及と発達により、漸次、減少傾向をたどっている。
 国際電報は、利用目的、用途により、さまざまな種類(取扱指定)がある。一般に利用される「一般私報」のほか、「人命安全電報」、国連機関が利用する「国際連合憲章電報」、政府官庁が利用する「官報」、国際赤十字社が利用する「赤十字電報」、「気象電報」などがある。
 国際電報の料金は、基本料金と追加料金で構成されている。それぞれ、語数に応じた料金となっており、有料語数はスペースでくぎられた単語、または文字・記号の集合体を1語とするが、10文字を超える場合は、10文字ごとに1語とする。1語の料金は国ごとに定められており、特別取扱指定、宛名(あてな)、および署名も有料語数に含まれる。
 国際電報で使用できる文字は、大文字のアルファベット、数字および記号(コンマ、ピリオド、ハイフン、クエスチョン・マークなど11種類)に限られている。日本語やその他の文字、記号、イラストなどを使用した電文は、KDDIの100%子会社であるKDDIエボルバの電報サービス「でんぽっぽ」で取り扱っている。[高橋陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国際電報の関連キーワードグレート・ノーザン電信会社国際電信電話株式会社日本電信電話[株]ケイディディKDD[株]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android